鳥公園Torikouen鳥公園Torikouen

Works

2020

継続中
2020

2020

継続中

プロジェクトについて

『2020』は、西尾がマレーシアで過ごした幼少期を題材に、2016 年12月に自身が作・演出・出演を務める形で初演を行った一人芝居だ。その後、2017年3月には3人の俳優による一人芝居×3バージョンの上演を行い、作品をさらに作者から遠くへ離していくべく、2021年2月には和田演出による上演を計画していた。
この上演に向けて、台本を読み込むためのステップとして、2020 年7月には和田がオンラインワークショップ「2020年に『2020』(作: 西尾佳織)を飽きるほど読む」を実施。しかしその後、まず劇場を押さえ、公演初日から逆算する形で創作スケジュールを組んでいくこれまで通りのやり方でいいのだろうか? と疑問が生じ、2021年2月の公演予定は一度白紙に。 「創作におけるヒエラルキーの問題を解決するには、人の集まり方から考え直す必要がある」という発想で、発注者/受注者の関係になることを避け、資金調達も全員でやることにし、「ゴールから逆算しない創作プロジェクト」として『2020』プロジェクトの舵を切り直した。(鳥公園)

日程

2020年

8月17日 西尾、和田でミーティング

10月24日 プロジェクトメンバーにお誘いメール

11月11日 – 19日
プロジェクトメンバーと西尾・和田が面談
12月22日 プロジェクトメンバー顔合わせ(オンライン)
12月29日 プロジェクトメンバーミーティング(オンライン)
2021年

1月20日 散歩(+パルクール)セッション(オンライン)
3月31日 セミナー受講体験セッション(オンライン)

クレジット

プロジェクトメンバー=石原菜々子、カミイケタクヤ、Q本かよ、五藤真、佃七緒、西尾佳織、藤家矢麻刀、和田ながら